2007年8月28日火曜日

Max

[ Universal ]
[ Free / GPL ]
[ 常用 ]

Max は、CoreAudioと libsndfile ライブラリが取り扱えるあらゆる音声形式を、相互に変換できるフリーソフトウェア。LAMEやFLACなどは、内蔵のライブラリを用いる。

CDからのリッピングも可能で、MusicBrainz によるCDデータベースとも連携する。ジャケット写真をアマゾン(US/DE/JPほか)から取得することも可能。リッピングの際には、高速に読み込める単純トレースのほか、内蔵のComparison Ripper(メモリ上のデータとCD上のデータを比較してからHDDに書き込む)を利用してエラーを防いだり、さらに深刻なダメージを受けたCDでも、cdparanoia によるエラー訂正で、可能な限り忠実なリッピングができる。

圧縮や変換は、複数並列して行える(CPUパワーのないマシンでは、1つに制限することも可能)。若干のバグがあるが、主なファイル形式ではメタデータの読み書きにも対応する。iTunes互換のメタタグも扱える。

エンコーダの設定は、コマンドラインオプションで個別に指定するよりは柔軟でないが、かなり柔軟に変更できる。たとえば、iTunesのAACは未登録Quick Time Pro相当の「高品質」らしいが、Maxは直接Core Audioを叩くので「最高品質」にも設定できる(ここでいう「品質」とは、ビットレートのことではない。たとえば、同じ128kbpsでも、「最低」「低い」「ふつう」「高い」「最高」という5段階の「品質」設定ができる)

iTunesだけでも、もちろん不自由はしないが、LAMEやOgg/Vorbis、FLACなど(OggをiTunesで再生する方法は、こちら)、オープンな形式を使いたい場合、あるいはiTunesより高度な設定をしたい場合には、非常に有用なツールだ。

0 件のコメント: