2009年8月26日水曜日

atMonitor 2.0.0


[ Universal ]
[ Freeware ]
[ Stable ]
[ ★★★★☆ ]

atMonitor は、フローティングウィンドウもしくはメニューバーにシステムの様々な情報を表示できるモニタリングソフト。同様のソフトとしては、システム環境設定としてインストールする iStat Menus がある。

atMonitorで表示できる項目は、
  • CPU占有率上位3つのアプリケーション
  • CPU負荷(マルチコア、マルチプロセッサ対応)
  • CPU温度(マルチコア、マルチプロセッサ対応)
  • GPU負荷
  • GPU温度
  • メインメモリ使用率
  • VRAM使用率
  • リフレッシュレート
  • ディスクの読み出し・書き込み量
  • ネットワークの送信・受信量
となっている。atMonitorの方がiStat Menusにはない項目を表示できる反面、iStat Menusの方がそれぞれの項目について詳細に設定できるなど、一概にどちらが優れているとはいえないが、VRAM使用率などは従来のモニタリングソフトに見られなかった機能だ。

ほかに、Top Windowというウィンドウで、
  • Activity Monitorと同様、プロセスID・プロセス名・スレッド数・CPU負荷・メモリ占拠量・優先度などを一覧表示して、プロセスの一時停止・強制終了(kill)ができる
  • 各プロセスのpathを表示する
  • 各プロセスが使用中のファイル(ライブラリ、フレームワーク等も含む)を表示する
  • i use this osx softwareと連携してバージョン管理ができる(無効にもできる)
メニューバー表示で、
  • メインメモリの項目から未使用メモリの解放ができる(CHUDが必要)
  • 1つの項目を残して他の項目を隠すことができる
初期設定で、
  • プロセスの優先度を変更できる
  • 特定の条件を満たした場合にトリガを掛けられる
メニューから、
  • モニタリングしているあらゆる値をログに保存できる
  • システムの固有情報(I/Oレジストリ、SMCセンサー情報、カーネルステート、スタートアップデーモンなど)を取得できる
といった便利な機能もある。

なお、メニューバー表示は、アプリケーションのメニュー(「ファイル」とか「編集」とか)と少しでも重なると全部が隠れてしまう。これも、iStat Menusの場合とは挙動が異なる点だ。

0 件のコメント: